ごあいさつ
会長 河内 洋樹

 北勢測量設計技術協議会は、北勢地域内のインフラ整備に携わる測量及び建設コンサルタントの各社が参集し、北勢地域の発展と市民生活の向上に寄与すべく、平成15年8月に創設されました。
 令和元年5月に行われました通常総会におきまして、約16年間の長きに渡り、会長職を務められました見取会長よりバトンを引き継ぐこととなりました。
 上記の北勢測量設計技術協議会の理念を継承しつつ、新たな令和の時代に向け、その礎となれますよう、北勢地域に本拠を置く会員各社が一丸となり、協議会活動に取り組んで参ります。
 近年、測量設計業界ではICT、AI(人口知能)等の新技術を取り入れた「生産性の向上」への取り組みが加速する中、我が国における自然災害はますます激甚化しており、この三重県北勢地域におかれましても、毎年大小様々な災害が発生している状況であります。
 このような有事に対し、当協議会では技術の研鑽に努めるとともに、会員同士のネットワークを確立し、災害への「備え」を充実させることが必要不可欠であると考えます。
 当協議会では地域の「安全・安心な地域社会づくり」に貢献できるよう、引き続き協議会活動に邁進していく所存であります。
 今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い致します。

令和元年12月
北勢測量設計技術協議会
会長 河内 洋樹

カテゴリー