建設コンサルタントについて

建設コンサルタントは、「社会資本整備のなかで、これまで主として調査・計画・設計等の業務において事業者の事業執行を支援し、パートナーとしてその役割を担ってきました。(中略)近い将来、社会的合意形成や事業執行のマネジメントを事業者に代わって担当する役割や第三者の立場で設計審査や施工監理を実施する役割を担うことが必要になっています。」
(出典:(社)建設コンサルタンツ協会)

このように建設コンサルタントの目指す仕事は、道路・河川等の設計にとどまらず、事業者を直接支援する仕事を含み、非常に高い技術と経験を必要とするものです。

さらに当協議会の会員にあっては、地域のことを熟知しており、そのメリットを生かし事業者へよりきめ細かく対応できる体制を整えています。

カテゴリー